チキンの香草パン粉焼き

7月10日水曜日の日替わりランチは チキンの香草パン粉焼きします。
鶏モモ肉をカツ用に均等な厚さに切り開きます。
塩コショウして薄力粉・溶き玉子・ドライタイプのバジル・オレガノ・ローズマリー・きざんだパセリ・パルメザンチーズの入ったパン粉につけます。
フライパンに 油をカツが ひたひたになるぐらいの量をいれます。
中火で カツを揚げていきます。
油を切り、薄くデミソースを塗った皿にカツを入れ、ガーリックオイル・レモン汁・レモンスライス・ガーリックチップ・生クリーム などを上からかけます。
ガーリックオイルは にんにくをスライスしてオリーブオイルにつけます、弱火で30分ほど煮詰めます。これを 漉したものがガーリックオイルです、残ったにんにくスライスが ガーリックチップになります。
このメニューは、ローマ地方の伝統料理、仔牛のカツレツの牛肉をチキンにしたバージョンのようなものですが、鶏肉がものすごくよく合っています。 バジルやローズマリーを使い、パン粉にはパルメザンチーズを混ぜ、そのまま揚げても美味しいんです。 酸味と旨みの絶妙な味わいを是非楽しんでください。